東証|企業速報 証券市場新聞

21日の東京市場(前引け)3日ぶり反落、日経平均は前日比42円28銭安

 21日前引けの東京市場は3日ぶり反落、日経平均は前日比42円28銭安の2万1420円58銭で引けた。NY高や上海の堅調な動きが下支えするも1ドル107円10銭台までの急激な円高が圧迫した。
 個別では七十七銀行、DLE、十六銀行、エボラブルアジア、日本通信、エイチームは値下がり上位に売られ、ファーストリテや任天堂も安い。半面、ニーズウェル、ティラド、ホーチキ、ウィン・パートナーズ、乾汽船、ファースト住建は値上がり率上位に買われ、キーエンスも高い。




株式情報と相場見通し

「大阪サミットで相場が大転換」6月22日(土)第2回 株式セミナー in大阪

Pocket