東証|企業速報 証券市場新聞

8日の東京市場(前引け)5日ぶり反発、日経平均は前日比120円16銭高

 8日前引けの東京市場は5日ぶり反発、日経平均は前日比120円16銭高の2万636円72銭で引けた。7日のニューヨーク市場でダウが一時590ドル近くも暴落したこともあり、朝寄りはマイナス圏で推移したが、中国人民銀行が、対ドルでの人民元取引の基準値を1ドル=7.0039元に設定、想定よりも元安水準でなかったことで過度な不安が後退。韓国向向け材料3品目輸出許可報道で半導体の主力が買い戻しの動きとなった。
 個別ではジャストシステム、サンデンHD、T&Gニーズがストップ高、enish、KNTCH、ウィルグループ、オプトラン、曙ブレーキは値上がり率上位に買われ、アドバンテストや東エレクも高い。半面、日マイクロニクス、アイスタイル、じげん、マクロミル、丸井G、MSーJapanは値下がり率上位に売られ、ソフトバンクGも安い。




株式情報と相場見通し

Pocket