東証|企業速報 証券市場新聞

5日前引けの東京市場は7日ぶりに反落、日経平均は前日比137円28銭安の1万5638円52銭で引けた。前日のNY市場が休場で手掛かり材料であるうえ、為替が1ドル102円前半と円高気味で推移していることが重石となった。
個別ではアダストリア、UMCエレ、ABCマート、SKジャパン、キユーピー、新日本空調、ミツバ、竹内製作、福井コン、シャープが値下がり率上位に売られ、三菱UFJや日立も安い。半面、ソフトブレーンがストップ高、ネクステージ、前沢工、Vテク、JDIは値上がり率上位に買われている。

証券市場新聞

Pocket