東証|企業速報 証券市場新聞

7日前引けの東京市場は3日続落、日経平均は前日比35円62銭安の1万5343円37銭で引けた。朝寄りではプラスに浮上する場面もあったが、米雇用統計と週末のSQを控えて様子見気分の強い展開。
個別ではSKジャパン、イオン、福井コン、アウトソーシング、WSCOPE、ツクイ、GMOPG、ユニチャームが値上がり率上位に売られている。半面、KLabがストップ高、ソフトブレーン、藤倉ゴム、新日本科学、enish、東京機が値上がり率上位に買われ、三菱UFJや三菱重も高い。
証券市場新聞

Pocket