3日の東京市場(大引け)大幅続落、日経平均は前日比436円87銭安

目次

3日の東京市場(大引け)大幅続落、日経平均は前日比436円87銭安

 3日大引けの東京市場は大幅続落、日経平均は前日比436円87銭安の2万1341円74銭で引けた。ISMの9月米国製造業景況感指数に続き9月ADP雇用統計も予想を下回ったことでニューヨーク市場でダウが494ドルも急落。この流れを受けて幅広い銘柄が売られる展開で一時は500円近い下げとなり、終日安値圏で推移した。
 個別ではオルトプラス、ブイキューブ、Vコマース、eBASE、東洋証、マネックスG、ハニーズHLD、アイフィスジャパンは値下がり率上位に売られ、ファーストリテやトヨタも安い。半面、アトラ、ノムラシスがストップ高、小林産、イチネンHD、LINE、サニックス、パスコ、キャリアリンクは値上がり率上位に買われ、コロプラや東エレクも高い。

株式情報と相場見通し

10月26日株式セミナーin大阪 大阪メトロ長堀橋駅から徒歩1分

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる