東証|企業速報 証券市場新聞

21日前引けの東京市場は反発、日経平均は前日比175円49銭高の1万6857円38銭で引けた。為替が1ドル107円台まで円安が進んだことで幅広い銘柄に買いが入った。
個別ではオーイズミ、サノヤスHD、日本金銭がストップ高、イマジカロボも一時ストップ高まで買われ、ミツミ、イチケン、ミネベア、山一電も値上がり率上位に買われ、三菱UFJや東芝も高い。半面、JAC、パラベッド、アウトソーシング、エンプラス、トランザクションは値下がり率上位に売られている。

証券市場新聞

Pocket