東証|企業速報 証券市場新聞

22日前引けの東京市場は反落、日経平均は前日比150円21銭安の1万6660円01銭で引けた。ヘリコプターマネーに関する黒田日銀総裁の否定的報道が海外で流れたことで、ナイトセッションでの円高方向による先物安から売られる展開。
個別ではゲンキー、MonotaRO、サイバー、ガンホー、JAC、ソフトブレーンが値上がり率上位に売られ、三菱UFJや東芝も安い。半面、イマジカロボ、オーイズミ、ハピネット、サノヤスHD、日本金銭、LINK&Mが値上がり率上位に買われ、任天堂も賑わっている。

証券市場新聞

Pocket