東証|企業速報 証券市場新聞

25日前引けの東京市場は反発、日経平均は前週末比63円35銭高の1万6690円60銭で引けた。為替は1ドル106円台で安定推移している一方、週末の日銀会合を控えて上値も重い展開。
個別ではCVSベイがストップ高、アイオデータも一時ストップ高まで買われあすか薬品、ハピネット、マツダ、ゼンリン、ツクイ、イーレックスも値上がり率上位に買われ、日産自動車も高い。半面、イマジカロボがストップ安、サノヤス、任天堂、VOYAGE、ホシデンは値下がり率上位に売られている。

証券市場新聞

Pocket