20日の東京市場(大引け)3営業日続伸、日経平均は前日比42円25銭高

目次

20日の東京市場(大引け)3営業日続伸、日経平均は前日比42円25銭高

20日大引けの東京市場は3営業日続伸、日経平均は前日比42円25銭高の2万4083円51銭で引けた。週末17日にニューヨーク市場で主要3指数が揃って連続で最高値を更新したことを好感、1ドル110円20銭前後で円が落ち着いていることから、半導体など輸出系を筆頭に買われる展開で、後場は今晩のNY休場から小動きに終始した。
 個別では前田道、東芝機、日本道、シキボウ、エアーテック、サムコ、NIPPOは値上がり率上位に買われ、ソニーも高い。半面、インターアクション、WSCOPE、IDOM、enish、メディアドゥHD、パイプドHD、エムアップは値下がり率上位に売られ、ファーストリテも安い。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる