22日の東京市場(前引け)反発、日経平均は前日比120円94銭高

目次

22日の東京市場(前引け)反発、日経平均は前日比120円94銭高

22日前引けの東京市場は反発、日経平均は前日比120円94銭高の2万3985円50銭で引けた。22日のNY市場でダウが152ドル安となったものの、IMFが20年の日本の成長率見通しを0.7%に引き上げたことがポジティブ視され、電子部品などの一角を中心に買い戻しの動き。
 個別では神栄、ニイタカ、IDOM、オプトラン、東洋建設、サニーサイドアップ、グッドコムアセットは値上がり率上位に買われ、東エレクも高い。半面、ネットワン、正興電機製作所、インターアクション、テラスカイ、三菱自、BBT、A&Aマテリアルは値下がり率上位に売られ、塩野義製薬も安い。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる