23日の東京市場(前引け)反落、日経平均は前日比153円79銭安

目次

23日の東京市場(前引け)反落、日経平均は前日比153円79銭安

23日前引けの東京市場は反落、日経平均は前日比153円46銭安の2万3877円89銭で引けた。新型コロナウイルスなどへの懸念で225先物のナイトセッションが190円と大幅な下落となった地合いを引き継ぎ、朝寄り後は252円超下げ幅を拡大、その後は下げ渋る動き。
 個別ではIDOM、アイスタイル、シキボウ、ネオジャパン、楽天、新日本化学は値下がり率上位に売られ、ファーストリテも安い。半面、ファルコHD、阿波製紙、eBASE、システムサポート、わかもと、ニイタカ、アスクル、サクサは値上がり率上位に買われ、アドバンテストも高い。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる