東証|企業速報 証券市場新聞

27日前引けの東京市場は4日ぶりに反発、日経平均は前日比227円15銭高の1万6610円19銭で引けた。為替が1ドル105円台まで円安方向となったことで輸出系を中心に買い戻しの動き。
個別ではミツミ電がストップ高、ミネベア、信越化学、SUMCO、日本農薬、総合メディ、トクヤマ、東ソー、Vテクが値上がり率上位に買われ、日立も高い。半面、サノヤスとSKジャパンがストップ安、コメリ、ホシデン、CVSベイは値下がり率上位に売られている。

証券市場新聞

Pocket