11日の東京市場(大引け)大幅反落、日経平均は前日比451円06銭安

目次

11日の東京市場(大引け)大幅反落、日経平均は前日比451円06銭安

 11日大引けの東京市場は大幅反落、日経平均は前日比451円06銭安の1万9416円06銭で引けた。10日のニューヨーク市場でダウが1167ドル超の大幅高となったものの、米政権の経済政策案に懐疑的な見方が拡がり、売りが先行した。後場に入ると時間外のNYダウ先が600ドル超に下落したことで、日経平均も大きく下げ幅を拡げた。
 個別ではIBJ、WSCOPE、ホクシン、グッドコムアセット、光世証、アトラエ、アイルは値下がり率上位に売られ、東エレクやソニーも安い。半面、ジンズメイト、菱洋エレク、プロネクサス、ポプラ、マイネット、東邦ガス、ミダック、Cominixは値上がり率上位に買われ、三菱UFJも高い。

株式情報と相場見通し

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる