東証|企業速報 証券市場新聞

26日の東京市場(前引け)4日ぶり反落、日経平均は前日比743円34銭安

 26日前引けの東京市場は4日ぶり反落、日経平均は前日比743円34銭安の1万8803円29銭で引けた。
 前日までの急伸による反動売りに加えて、東京都での感染者拡大やソフトバンクGのムーディーズ格下げなど悪材料が重なったことが嫌気されている。
 個別ではWSCOPEがストップ安、ランビジネス、ペッパー、丸紅、ビジョンは値下がり率上位に売られ、ソフトバンクGやファーストリテも安い。半面、ダイトウボウとエアーテックがストップ高、丸山製作所、シキボウ、ニイタカ、ブイキューブは値上がり率上位に買われ、NTTも高い。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket