17日の東京市場(前引け)大幅反発、日経平均は前日比492円15銭高

目次

17日の東京市場(前引け)大幅反発、日経平均は前日比492円15銭高

 17日前引けの東京市場は大幅反発、日経平均は前日比492円15銭高の1万9782円35銭で引けた。米国の経済活動再開や新型コロナ治療薬への期待からNYダウ先が大幅に上昇したことを受け、主力株を中心に買い優勢で始まり、一時600円超に上げ幅を広げた。
 個別ではリケンテクノスとPLANTがストップ高、エスクローAJ、カネカ、ニーズウェル、オープンドアは値上がり率上位に買われ、ソフトバンクGやリクルートHD、ホンダ、アドバンテも高い。半面、アトラ、SHIFT、いちご、ブイキューブ、デザインワン、セラクが値下がり率上位に売られ、任天堂や富士フイルムも安い。

株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる