東証|企業速報 証券市場新聞

21日の東京市場(大引け)5日ぶり反落、日経平均は前日比11円20銭安

 21日大引けの東京市場は5日ぶり反落、日経平均は前日比11円20銭安の2万0583円95銭で引けた。前日のNYダウが369ドル超上昇したことを受けて朝寄り後は2万700円台に乗せる場面があったが、時間外のNYダウ先の下落や4月の貿易統計の悪化を受けて値を消す動きで小動きに終始した後、引け直前で売られた。
 個別では船井総研HD、丸大食品、双信電機、アトラエ、宮越HD、山田コンサルは値下がり率上位に売られ、OLCやKDDIも安い。半面、アイロムGがストップ高、レナウン、太平洋セメ、ケイアイスター不動産、日本信号、PCIHD、フィールズが値上り率上位に買われ、任天堂やファーストリテも高い。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

船場ナビ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

株式・金融情報「日刊 証券市場新聞」

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪

Pocket