25日の東京市場(前引け)3日ぶり反発、日経平均は前日比133円58銭高

25日前引けの東京市場は3日ぶり反発、日経平均は前日比133円58銭高の2万23221円40銭で引けた。8月の新築一戸建て住宅販売戸数が約14年ぶりの高水準を付けたことを受けて24日のニューヨーク市場が3指数揃って反発したことを好感、時間外でのNYダウ先や上海などアジア市場の上昇も支援した。
 個別ではニイタカ、SGホールディングス、LTS、ユニデンHD、エコナックHD、日本ガスは値上り率上位に買われ、チェンジや任天堂も高い。半面、西武ホールディングス、日本オラクル、ワタベ、ケーユーHD、田中商事、日立物流は値下り率上位に売られ楽天も安い。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

株は底値圏で大きくとるべし大伸経済の資料請求はコチラ!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる