14日の東京市場(大引け)続伸、日経平均は前日比24円95銭高

東証|企業速報 証券市場新聞

14日大引けの東京市場は続伸、日経平均は前日比24円95銭高の2万23626円73銭で引けた。13日のNY市場が利益確定売りで3指数揃って下落したことから、手掛かり材料難から様子見の動きで、売り一巡後は後場からプラス圏で推移した。
 個別では芦森工業、PRTIMES、サノヤスHD、ジェイリース、ジンズメイトが一時ストップ高、ダイト、ベステラ、スノーピークは値上り率上位に買われ、東エレクやソフトバンクGも高い。半面、デザインワン、トレファク、三機サービス、ワッツは値下り率上位に売られ任天堂やソニーも安い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

株は底値圏で大きくとるべし大伸経済の資料請求はコチラ!

Pocket

東証|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる