東証|企業速報 証券市場新聞

1日前引けの東京市場は続伸、日経平均は前日比21円12銭高の1万6908円52銭で引けた。原油安や週末の米雇用統計発表を控えて様子見の動きながら為替が1ドル103円で安定推移していることもあり、売り一巡後は戻す動き。
個別ではクラリオン、武蔵精密、ヤーマン、ツクイ、持田薬、C&R社、DLE、愛知銀、テレ朝HDが値上がり率上位に買われ、三井住友や三菱UFJも高い。半面、ビューティーガレージ、レーザーテック、ローツェ、N・フィールド、コーエーテクモ、日曹達は値下がり率上位に売られている。
証券市場新聞

Pocket