20日の東京市場(大引け)3日続落、日経平均は前日比106円97銭安

20日大引けの東京市場は3日続落、日経平均は前日比106円97銭安の2万5527円37銭で引けた。時間外でのNYダウ先が下落していることや3連休前で見送り気分が強く、後場寄りで下げ幅を拡げる場面があったが、その後は下げ渋る動き。
 個別では三菱製紙、藤久、四国化成、セントケアHD、MS&AD、巴川製紙、ホシザキ、テルモ、ミクニは値下り率上位に売られ、ダイキン工やファーストリテも安い。半面、日本金属がストップ高、ジーンズメイト、ケネディクス、日立金、ワコム、タカショー栄研化学は値上がり率上位に買われ、任天堂も高い。




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

株は底値圏で大きくとるべし大伸経済の資料請求はコチラ!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる