東証|企業速報 証券市場新聞

2日前引けの東京市場は続伸、日経平均は前日比7円84銭高の1万6934円68銭で引けた。米雇用統計の発表を控えて引き続き様子見の動きで、小幅な値幅に終始している。
個別では関西スーパー、CEHD、Jフロント、エムアップ、アーク、ネクシィーズ、クスリのアオキが値上がり率上位に買われ、第一生命も高い。半面、ショーワ、TOWA、内田洋行、メタウォーター、PCデポ、ワイエイシイ、イーグル工業が値下がり率上位に売られ、日ぺHDも安い。

証券市場新聞

Pocket