取材メモ|企業取材 証券市場新聞

都市型店舗を拡充し、かかりつけ薬剤師の育成図る

%e9%83%bd%e5%b8%82%e5%9e%8b%e5%ba%97%e8%88%97%ef%bc%88%e5%8c%97%e5%bf%83%e6%96%8e%e6%a9%8b%e5%ba%97%ef%bc%89
キリン堂ホールディングス(3194)は同社の取引先で構成されるキリン堂協栄会の第28回総会を10月6日、帝国ホテル大阪(大阪市北区)で盛大に開催した。超高齢化社会が到来するなかでの今後の戦略が注目される。

キリン堂協栄会は平成元年に発足し今年で28年目に到来、今回の総会でも多くの取引先・関係者などが来場した。寺西忠幸代表取締役会長は「人口減や超高齢化社会が到来するなかで、健康寿命をまっとうすることが重要となる。小商圏でドラッグストアを展開することにより、顧客との繋がりを密にして地域に貢献し、顧客の健康を守っていく」と今後も地域密着型の店舗展開の必要性を語った。
同社は10月7日付で今17年2月期の第2四半期累計(3~8月)の連結決算を発表。売上高は577億7300万円(前年同期比2.6%増)、営業利益は4億6000万円(同52.8%減)、純利益は1億2100万円(同71.8%減)となり、通期予想については売上高で1204億円から1158億円(前期比2.6%増)へ、営業利益で24億7000万円から9億3000万円(同45.3%減)へ、純利益で10億7000万円から2億2000万円(同73.4%減)へ下方修正した。天候不順などの影響により相対的に粗利率の高い春・夏の季節商材の販売が伸び悩んだことや、薬価・調剤報酬改定の影響、中国越境ECを取り巻く外部環境、新規出店による人件費などのコスト増が影響している。

%e4%bb%8a%e5%be%8c%e3%81%ae%e6%96%b9%e9%87%9d%e3%82%92%e8%aa%9e%e3%82%8b%e5%af%ba%e8%a5%bf-%e8%b1%8a%e5%bd%a6%e7%a4%be%e9%95%b7
寺西 豊彦代表取締役社長は11日の決算説明会の席上、「都市型店舗の出店強化と中国越境ECの販路拡大、調剤併設のドラッグストア店舗の拡大などに取り組む」と業績回復へ向けての取り組みに意欲を見せる。都市型店舗については、現在の5店から10店へ出店を拡大、中国越境ECについては、天猫以外へも販売チャンネルを増やす方針で、調剤店舗については、かかりつけ薬剤師の育成や在宅対応店舗の増加などにより、調剤技術料の加算獲得を図る。これらの成果により、業績回復が期待できそうだ。

Pocket