前場は様子見【正直じいさんの株で大判小判】

目次

続落も下げ渋る

26日午前の東京市場は続落、日経平均は107円安です。朝方は売り買いが交錯しましたが、FOMCの結果待ちで手控えムードが強いなか、先物売りを交えて270円超に下げ幅を広げる場面がありました。ただ、突っ込み警戒感から買戻しや押し目買いが入り前引けに下げ渋っており、前引け段階の東証1部の騰落銘柄数は値上りが1070と約半数を占めています。

推奨銘柄も下げ渋りから反発

推奨銘柄も下げ渋りから反発に転じました。ただ、いずれも買戻しの域を出ておらず、前場は売り買いとも手控え様子を見ています。FRBのタカ派スタンスについては、相当に織り込みが進んだと考えていますが、FOMCの結果を確認するまでは慎重に対処したいと思います。

花咲 翁

 

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる