前場は売り買いとも手控え【正直じいさんの株で大判小判】

目次

利益確定売りに5日ぶり反落

9日午前の東京市場は5日ぶりに反落、日経平均は239円です。あすの米7月消費者物価指数(CPI)発表を前に買い手控えムードが強まるなか、決算が悪化した東エレクやソフトバンクGの急落が重しになり、当面の利益確定売りが優勢になりました。小安く寄り付いたあと下げ幅を広げ、一時2万8000円を割り込んでいます。

決算不振銘柄の下げ目立つ

個別には決算が不振だった銘柄の下げが目立ち、好決算銘柄も上げ幅を縮めており、前引け段階のプライム市場の値下がり銘柄数は1203と7割近くを占めました。推奨銘柄も冴えず前場は売り買いとも手控え様子を見ました。米CPIの内容が判明するまでは慎重に対処する考えで、好決算銘柄をチェックしてチャンスに備えたいと思います。

花咲 翁

 

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる