前場は売り買いとも手控え【正直じいさんの株で大判小判】

目次

米国株安引き継ぎリスク回避

21日午前の東京市場は大幅反落、日経平均は379円安です。長期金利上昇を嫌気して前日の米国株市場で主要指数が大幅に下落した流れを引き継ぎ、リスク回避の売りに押されました。3連休を控え押し目を拾う動きも限られ、安寄りの後も下げ幅を広げています。プライム市場の値下がり銘柄数は1612と9割近くを占めました。

日本製鋼は当面の悪材料出尽し

FOMCでの0.75%の利上げは織り込んでいますが、1%の可能性も否定できず、結果が出るまでは動きが取れません。ダブルスコープがこの日もストップ安売り気配となっていることも中小型材料株への物色意欲を萎えさせています。推奨銘柄では下方修正が当面の悪材料出尽くしにつながった日本製鋼<5631>が逆行高していますが、前場は予定通り売り買いとも手控え様子を見ました。

花咲 翁

 

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる