週内は抑制的スタンス【正直じいさんの株で大判小判】

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞
目次

円安フォローに反発

週明け10日の東京市場は反発しました。日経平均は354円高です。米5月雇用統計が予想を上回り早期利下げ期待が後退、米国株市場では主要指数が下落したものの、米長期金利上昇に伴い為替が円安に振れたことがフォローになりました。先物買いを交えて後場一段高になり、一時400円近くに上昇しています。輸出セクターを中心に金融株にも上昇する銘柄が目立ち、プライム市場の値上がり銘柄数は1326と約8割を占めました。もっとも、日米中銀会議を控えて様子見ムードは強く、売買代金は3兆3000億円台にとどまっています。

NECが新値追い

推奨銘柄ではNEC<6701>が新値追い、前週にナンピンを入れたレーザーテク<6920>やTOWA<6315>、コクサイエレ<6525>など半導体関連も堅調でした。ただ、今週は日米金融イベントと週末にはメジャーSQを控え、荒れる展開もあり得ます。週内は抑制的スタンスで、売り込まれてきた中小型株も視野に入れ、ハイテク・グロース株の本格反騰に備えており、きょうはアストロHD<186A>とレーザーテク、TOWAへの買いにとどめました。

花咲 翁

 

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

Error! The button ID (94818) you specified in the shortcode does not exist. You may have deleted this payment button. Go to the Manage Payment Buttons interface then copy and paste the correct button ID in the shortcode.

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次