正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

9日午前の東京市場は反発、日経平均は180円高と2万円大台を回復しています。コミー前FBI長官の議会証言で新たな悪材料が出なかったことで円高が一服、買戻しが進みました。日経平均はSQ清算値1万9997円を上回り、前場段階の東証1部売買代金はSQがらみの商いも入って概算で1兆9800億円に膨らんでいます。

きょうの主役はロボティクス分野の第一人者ボストンダイナミクス買収を発表したソフトバンクG(9984)であることは言うまでもありません。前場売買代金トップで、13年12月以来3年半ぶりの高値に躍り出ました。ソフトバンクが強力に牽引するかたちで、任天堂(7974)、東エレク(8035)、Vテクノロジー(7717)の中核銘柄も急反発に転じ、中小型株相場は健在との強い印象を残しています。新興市場もジャスダックは続伸、マザーズは反落しました。

前述の中核4銘柄に加え、ミロク情報(9928)やゼンリン(9474)、タツモ(6266)、平田機工(6258)、RSTECH(3445)、KYCOM(9685)など注目銘柄に変更はありません。中小型株相場クライマックスに向け、後場からはこれら銘柄の下値狙いでいいでしょう。

花咲 翁

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket