正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

円高基調も押し目で対処【正直じいさんの株で大判小判】

17日の東京市場は3日ぶりに反落となってます。主要な仮想通貨が急落し、これに為替の円高が圧迫しています。しかし、朝寄りでの大幅安後はそこから一段と売る動きにはなっていません。村田製作やトヨタ動きが象徴ですが、個別では主力も高い銘柄が多く、押し目買いで問題ありません。ピックアップしている立花エレテック(8159)や立川ブラインド(7989)は下げておらずゼンリン(9474)も高い動きです。日本動物高度医療(6039)、、KYCOM(9685)、すららネット(3998)、MSコンサル(6555)を含めて引き続き注目です。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket