正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

買い一巡後は伸び悩む

 18日午前の東京市場は反発しました。米国株市場でNYダウをはじめ主要3指数が揃って過去最高値を更新したことを受け買戻しが先行、一時上げ幅は200円を超え、約26年2カ月ぶりに2万4000円台を回復しました。ただ、買い一巡後は利益確定売りに伸び悩み、前引けの日経平均は110円高です。前場段階の東証1部売買代金は概算で1兆5895億円でした。

ハイテクに買い広がり仮想通貨も下げ渋りから反発へ

 為替が111円30銭前後まで円安に振れたことで東エレクやスクリンなど半導体関連をはじめハイテクセクターに買いが広がり、前日急落した仮想通貨も下げ渋りから反発に転じる銘柄が増えてきました。ただし、日経平均2万4000円台乗せで当面の目標達成感があり、全般は膠着感の強い展開が予想され、短期資金は中小型株に向かいそうです。

上値のフシ抜いたすららネット

 ピックアップしている立花エレテック(8159)や立川ブラインド(7989)は続伸、日本動物高度医療(6039)、KYCOM(9685)、MSコンサル(6555)は反発しており、ゼンリン(9474)も反落ながら底堅い動きです。これら中小型好業績株の下値狙い継続ですが、きょうの後場は上値のフシとなってきた3700円を明確に上抜いてきたすららネット(3998)を追撃買いしたいと思います。。
花咲 翁

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket