正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

下げ渋りで実質210円安

 28日午前の東京市場は大幅に反落しました。日経平均は277円安で配当落ち分を差し引くた実質では210円安です。前日の米国株が急落した流れを引き継ぎ売り先行で始まり、一時540円超まで下げ幅を広げる場面がありました。ただ、売り一巡後は円が弱含んだことで下げ渋っています。

シグマクシスは権利落ち埋め新値

 ピックアップ銘柄ではヤクルト(2267)とシスメックス(6896)は権利落ち分を埋めることができず、マイナス圏で推移していますが、シグマクシス(6088)が配当落ち分を埋めて新値を取る強い動きです。ソウルドアウト(6553)、スマートバリュー(9417)も買い進まれました。きょうは相対的強い小型株の下値を狙っていきたいと考えます。、

セルシードは一時ストップ高

 一方、デイトレ銘柄はセルシード(7776)がストップ高まで買われたあと緩んでいますが、後場寄りからの動きを見て対処を判断したいと思います。ブレインP(3655)は持続でいいでしょう。前日に取り上げたシステムディ(3904)は大幅高でなお上値を残しているようですが、一部利益を確定しておきたいと考えます。随時、候補銘柄を上げていきますので、より動きのいい銘柄で値幅を狙っていきましょう。

花咲 翁

※会員にはデイトレ候補銘柄を紹介しています!

証券市場新聞 公式有料メールマガジン




相場見通し

Pocket