正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

下げ渋り実質120円安

28日の東京市場は大幅に反落しました。日経平均は286円安です。配当落ち分を差し引くと実質では120円安で、前日のNYダウが344ドル安だったことを考慮すれば底堅い動きと言えるでしょう。米ハイテク株安の影響で一時540円超まで下げ幅を広げる場面がありましが、売り一巡後は円が弱含だことから、配当再投資や日銀ETF買い入れへの思惑、実質新年度相場入りによる需給要因から下げ幅を縮めました。

買戻しが下値を支える

中貿易摩擦に対する警戒感は根強く、海外からの資金流入は期待しづらい状況ですが、国内政治リスクはひとまず後退しており、買戻しが下値を支えたようです。主力株には手を出しづらく、東証1部は値下がり銘柄が全体の6割を超えていますが、一方でマザーズ指数が続伸するなど、中小型株志向が強まりました。週末は海外市場が休場で、あすは見送り気分の強い展開となりそうですが、全般底堅く推移すれば、中小型株の個別物色が続くでしょう。

シグマクシスは権利落ち埋め新値

ピックアップ銘柄ではヤクルト(2267)とシスメックス(6896)は権利落ち分を埋めることができず、反落となりましたが、シグマクシス(6088)が配当落ち分を埋めて新値を取ってきました。ソウルドアウト(6553)、スマートバリュー(9417)も買い進まれれており、あすも相対的強い小型株の下値を狙っていきたいと考えます。

セルシードがストップ高で引ける

一方、デイトレ銘柄では、セルシード(7776)がストップ高で引けており、あすは噴き値売りで利益を確定しましょう。前日に取り上げたシステムディ(3904)も大幅高で引けており、同様に噴き値売りのタイミングを計りたいと思います。随時、候補銘柄を上げていきますので、引き続きより動きのいい銘柄で値幅を狙っていきましょう。

花咲 翁

※会員にはデイトレ候補銘柄を紹介しています!

証券市場新聞 公式有料メールマガジン




相場見通し

Pocket