正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

薄商いながら底堅い

 2日の東京市場は3日続伸、日経平均は107円高です。寄り付きこそ利益確定売りが先行しましたが、日銀短観で3月の大企業・製造業の業況判断指数(DI)は市場予想を下回りましたが、18年度の設備投資計画が前年度比2.3%増と市場予想の0.6%増を上回り、新年度相場入りで新規資金流入による需給改善期待が下値を支えました。日経平均は200日移動平均を意識され、薄商いながら底堅い動きです。

神戸天然は利食い売りこなし上値追い

 ピックアップ銘柄ではシスメックス(6896)、スマートバリュー(9417)は利益確定売りに押されましたが、シグマクシス(6088)、ソウルドアウト(6553)、ヤクルト(2267)や、7&iHD(3382)など2月決算企業もしっかりです。デイトレ候補銘柄は神戸天然(6568)が利食い売りをこなして上値を追っているほか、 ビジョナリーHD(9263)も堅調で後場からの動きに期待です。随時、候補銘柄を上げていきますので、より動きのいい銘柄で値幅を狙っていきましょう。

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

花咲 翁




相場見通し

Pocket