正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

円高一服で一段高

 5日午前の東京市場は大幅に続伸しました。日経平均は348円高です。前日の米国株高を受けた買いが一巡したあとは伸び悩む場面がありましたが、米中制裁合戦回避への期待から円高が一服したことで買い直され一段高となりました。前場段階の東証1部の売買代金は概算で1兆2486億円です。

主力株は上値重い

 ただ、ファーストリテなど値嵩株の上昇が指数を押し上げていることは否めず、主力株は上値の重い状況に変わりはありません。中小型株も先行して買われた銘柄のなかに反落するものが散見され、より強い動きを見せる銘柄に短期資金が集中する傾向が強まっています。

シスメックスが最高値

 ピックアップ銘柄ではシスメックス(6896)が最高値更新刷る強い動きで、ヤクルト(2267)は続伸、ソウルドアウト(6553)も切り返し、スマートバリュー(9417)、シグマクシス(6088)、も底堅く推移しました。

セルフレジ関連に乗せ換え

 デイトレ候補銘柄はファイバーゲート(9450)が朝高のあとマイナスに転じるなど、値動きが鈍っており、一部損益を確定して、再動意しているセルフレジ関連などに乗せ換えていきたい考えです。随時、候補をあげてきますので、割り切ってより値動きのいい銘柄で値幅を狙っていきましょう。

花咲 翁

証券市場新聞 公式有料メールマガジン




相場見通し

Pocket