正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

続伸も買い手控えムード強い

 16日の午前の東京市場は続伸、日経平均は55円高です。米英仏がシリア攻撃に踏み切ったことで地政学リスクが意識されましたが、攻撃は1度で終わるとの見方からひとまずアク抜けしたかたちとなりました。ただし、手控えムードが強く、前引け段階の東証1部売買代金は概算で1兆211億円にとどまっており、値下がり銘柄が値上がり銘柄数を上回っています。

マネックスGを引き続きマーク

 主力銘柄が弱含む一方医薬品や水産農林、サービス、小売など内需ディフェンシブセクターがが物色されるなど、リスク回避姿勢が鮮明です。国内政治問題や日米首脳会談を控えていることも手掛けづらくさせており、後場も狭いレンジ取引が続きそうで、膠着感が強まるなか、強い値動きをみせる銘柄へ人気が集中すると見ており、デイトレ候補にも取り上げているマネックスG(8698)を引き続きマークしておきたいと思います。

花咲 翁

Pocket