正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

方向感乏しいが底堅い

 20日午前の東京市場は小幅ながら6日続伸しました。日経平均は30高です。前日の米国株市場が軟調だったことから、小安くスタートしましたが、円が弱含んだことで押目買が入りプラスに浮上しました。方向感に乏しい展開ではありますが、海外勢によるショートカバーは緒に就いたばかりで、下値は堅いと見てよさそうです。

シスメックスがしっかり

 国内政治リスクがくすぶるなか、週末要因や来週からは3月決算発表が本格化することから後場は様子見気分が強まりそうですが、ここからは決算スケジュールをにらみながら、好業績株の下値を拾っていきたいと考えています。ピックアップ銘柄ではシスメックス(6869)がしっかり、ソウルドアウト(6553)は最高値更新のあと一服となっていますが底堅く推移しており、決算発表に向け一段高が期待できるでしょう。

ラクトJPとビジョナリーを利益確定

 デイトレについて、前日からの持越しでラクトJP(3139)とビジョナリー(9263)を利益確定しました。前場に取り上げた銘柄はまだ決着がついていませんが、まだ打診買いの段階で、週明けへの持越しも視野に入れ、動きを見極めたいと思います。

花咲 翁

証券市場新聞 公式有料メールマガジン




株式情報と相場見通し

Pocket