中小型に資金向かう【正直じいさんの株で大判小判】

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞
目次

様子見に膠着感の強い展開

 14日午前の東京市場は反落、日経平均は808円安です。FOMCでは予想通り追加利上げを決定しましたが、今後の利上げ回数を2回とし、利上げのペースの加速が警戒され米国株が下落、外為市場でが円が強含んだことから、主力株を中心に売りに押されました。今晩にECB定例理事会の結果発表とドラギECB総裁の会見を控えていることも買いを手控えさせています。ただ、売り一巡後は下げ幅を縮めるなど下値も堅く、様子見に膠着感の強い展開でした。

ソウルドアウト急速に切り返す

 日経平均は2万3000円を手前に足踏みする一方、ジャスダック平均やマザーズ指数が続伸するなど、出遅れていた中小型株に資金が向かいました。ピックアップ銘柄ではシスメックス(6869)は連日の最高値更新で、さすがに上げ一服となりましたが、ソウルドアウト(6553)が急速に切り返し上昇基調を取り戻しました。改めて下値を拾っていきたいを考えています。

短期値幅取り候補は噴き値待ち

 短期値幅取り候補はおおむね堅調で、じり高で下値を切り上げており、噴き値待ちの状況です。引き続き、強いトレンドの出ている銘柄の下値を狙っていく考えですが、出遅れにも目を向けて銘柄を取り上げていくつもりです。

花咲 翁

証券市場新聞 公式有料メールマガジン




株式情報と相場見通し

Pocket

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる