正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

NY株高と円安受け反発

 6日午前の東京市場は反発、日経平均は222円高です。前日のNY株高と円安を受け買いが優勢になりました。ただ、米中間選挙の開票を控え手控え気分は強く、前場段階の東証1部の売買代金は概算で1兆813億円にとどまっており、インデックス主導の動きです。7~8日にはFOMCが開催されることからも主力株には手を出しづらい状況で、予想通り、好決算銘柄と小型成長株の一角に短期資金が向かいました。

チームスピが大幅高で新値

 ピックアップ銘柄では通期上振れ期待のハリマ化成G(4410)とタキロンシーアイ(4215)は堅調で、ジャムコ(7408)や任天堂(7974)、カプコン(9697)も反発に転じました。短期値幅取り候補では追撃買いを入れたチームスピ(4397)が大幅高で新値をとるなど、直近OPOを中心に小型成長株の一角に動きが出ています。引き続き決算内容と株価の動きを確認しながら、銘柄を取り上げていくつもりです。

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!




株式情報と相場見通し

Pocket