正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

3日続伸も戻り売りに押される

25日の東京市場は3日続伸。日経平均は31円高と高寄りのあとは上げ幅を縮めています。前日のNYダウが354ドル高と急反発したことを受け、150円余り上昇して寄り付きましたが、米中首脳会談での貿易問題の行方を見極めたいとして上値の買いは手控えられ、戻り売りに押されました。ただ、113円台半ばまで進んだ円安が支えになりプラスを維持しており、東証1部の値上がり銘柄数は1355と全体の65%を占め、個別には買い気の強い展開です。

ハリマ化成が新値

ピックアップ銘柄ではハリマ化成(4410)が新値をとり、タキロンシーアイ(4215)はしっかり、ソースネクスト(4344)やジャムコ(7408)も底堅く推移しています。万博関連では早くも反落する銘柄が目立つなか、現実買いで強い動きを見せる乃村工藝(9716)に打診買いを入れました。三精テクノ(6357)も堅調ですが、前日急騰の打ち返しが出てくる可能性がありますので、もう少し引き付けて買いを入れたいと思います。

イーソルやインターアク上値広げる

短期値幅取り候補では追撃買いを入れたイーソル(4420)やインターアク(7725)が高寄りのあとも上値を広げました。一方で、ショート銘柄のミツバ(7280)、イーレックス(9517)の利益を確定しています。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

個別

Pocket