正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

利益確定売りに次第安

 10日午前の東京市場は4日ぶりに反落、日経平均は285円安です。前日までの3日間で860円強の上昇していたことで朝方から利益確定売りが先行しました。米利上げ観測の後退で為替が円高に振れたことや時間外の米株価指数先物安もあり、安寄りの後も下値を切り下げ、一時325円超まで下げ幅を広げています。ただ、下値では買いが入り前引けにかけ下げ渋りました。

神戸物産の利益確定

 主力株の上値が重くなるなか、円高による採算悪化懸念やあす11日にのミニ先物・オプションSQを控え、買いが手控えられたことも大幅安につながったようです。ただ、自律反発一巡による上げ一服で、銘柄ここにも値を崩すような下げではなく、ここからは決算や材料を手掛かりにした個別物色になりそうです。短期値幅取り候補は前場に神戸物産(3038)の利益を確定しましたが、全般相場の流れを見極めつつ、銘柄を選別していく考えです。




株式情報と相場見通し

2月2日(土)創刊3周年記念!株式セミナー in大阪 参加申し込み受付中!

Pocket