正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

上値重いが下値も堅い

 14日午前の東京市場は小幅続伸、日経平均は10円高です。前日の米国株が高く、為替が110円90銭台の円安に振れていることから、買い先行でスタートしました。ただ、前日までの2日間で800円超上昇していたことから上値では当面の利益確定売りや戻り売りが出て、一時下げに転じる場面もありました。予想通り上値は重くなりましたが、下値では買いも入り底堅い展開でもあります。ここからは好業績上振れ期待銘柄の押し目を拾う一方、出遅れている中小型株で動きのいい銘柄を狙っていきたいと思います。

リネットJPを噴き値売り

 きょうの前場はピックアップ銘柄でアンリツ(6754)の緩んだところを拾いましたが、ハリマ化成(4410)やカプコン(9697)など押し目狙いでいいでしょう。また、ソースネクスト(4344)はきょうの決算発表に期待です。短期値幅取り候補ではリネットJP(3556)を噴き値で利益を確定しました。




Pocket