好業績上振れ期待銘柄【正直じいさんの株で大判小判】

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞
目次

一時400円近くに上昇

 18日午前の東京市場は急反発、日経平均は372円高です。米中貿易協議の進展期待から米国株が大幅に上昇した流れを引き継ぎ、買い気の強い展開で一時400円近くまで上げ幅を広げました。原油高を背景に石油関連株が買われたほか、銀行や証券など金融セクターの上昇も目立つなど主力株を中心に幅広く買われ、東証1部の値上がり銘柄数は1909と9割を占める全面高商状です。

メディシノバを噴き値売り

 きょうは大型株が中心で、アンリツ(6754)やカプコン(9697)は反落となりましたが、ハリマ化成(4410)は切り返し1100円台に乗せました。いずれも押し目買いで問題はないでしょう。一方、短期値幅取り候補はメディシノバ(4875)を噴き値で利益を確定する一方、大塚家(8186)はいったん損失を確定しました。ここからは好業績上振れ期待銘柄から対象を絞り込んで噴き値を狙っていきたいと思います。

証券市場新聞公式有料メールマガジン

Pocket

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる