正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

米株落ち着き買戻し優勢

 26日午前の東京市場は急反発、日経平均は385円高です。米国株が落ち着きを取り戻したことから、買戻しが優勢になりました。配当権利取りや再投資に絡んだ買い観測が短期筋による先物への買いを誘発し、指数を押し上げています。前日の650円安に対してやや物足りなさはありますが、フシ目の2万1000円を回復したことで当面の底が入ったかたちになりました。

短期値幅取り候補は様子見極め

 ピックアップ銘柄ではカプコン(9697)、イボキン(5699)がしっかり。ハリマ化成(4410)も配当権利取りの買いに切り返しました。短期値幅取り候補については前場に買い直したアトラエ(6194)は堅調ですが、高値圏にあった中小型株は上げ一服、あるいは利益確定売りに押される銘柄が散見され、後場は様子を見極めたいと思います。




株式情報と相場見通し

Pocket