正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

方向感なく小安く推移

 9日午前の東京市場は続落、日経平均は39円安です。週明けの米国株は高安まちまちで手がかり材料に欠けるなか、円が強含んでいることで利益確定売りが優勢でした。半導体関連などハイテク株が買われ、上げに転じる場面はありましたが、時間外の米各先物や上海株安が重しになり、小安い水準でもみ合う方向感のない展開です。ただ、バイオ関連や紙幣刷新に関連する銘柄が大幅高に買われるなど個別物色は活発です。

Amaziaが一時S高

 ピックアップ銘柄ではバイオ関連で3Dマト(7777)が大幅高で新値更新、メディシノバ(4875)もしっかりです。5G関連の双信電機(6938)は反落ながら底堅く推移しました。短期値幅取り候補では追撃買いを入れたAmazia(4424)が一時ストップ高まで買われ、上場来高値を更新、ASJ(2351)も前日のストップ高に続きこの日も大幅高に買われています。




株式情報と相場見通し

Pocket