正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

1週間ぶり2万700円台回復

 30日午前の東京市場は大幅に反発、日経平均は240円高です。前日の米株市場で3指数が揃って続伸し、為替が106円40銭台と円安に振れたことを受け、主力の輸出株を中心に買い広がりました。時間外の米株価指数先物高や上海株の反発も追い風になり、高寄りのあともじり高歩調となっています。前場段階の東証1部の売買代金は概算で7699億円と薄商いが続いており、買戻し主体の上昇ですが、日経平均は1週間ぶりに2万700円台を回復し、5日線を明確に上回ってきました。

マーケットエンタなど買い直し

 マザーズやジャスダックも反発に転じるなど、中小型株も買い直されており、バンクオブイノベ(4393)は反落ながら上昇基調を維持しており、5日線割れから再上昇に転じてきたマーケットエンタ(3135)やレアジョブ(6096)を買い直しました。一方、ショートのエコモット(3987)やJESHD(6544)は連日で下値を切り下げています。引き続き個別に動きを見極めながら、売り買い柔軟に対応していきたいと思います。

株式情報と相場見通し

Pocket