正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

買戻しの流れ続き反発

20日午前の東京市場は続伸、日経平均は97円高です。前日のNY市場はまちまちの動きながら、9月末の配当権利取りも絡んで、買戻しの流れが続きました。3連休を控えて上値の買いは手控えられていますが、海外勢の日本株ウエート引上げによる中長期資金の流入が観測され、底堅い動きです。フシ目の2万2000円を超えたことで、利益確定の売りが出やすいタイミングではありますが、下値の堅さを確認したことで、中小型株にも切り返す銘柄が増えました。

スター・マイカが新値追い

推奨銘柄では9月末高配当の明和産(8103)がしっかり、スピード調整一巡から切り返してきたスター・マイカ(2975)が新値を追い、ラクス(3923)も出直り動きを強めています。輸出株では5G関連のヨコオ(6800)が堅調で、高値保ち合いを上放れてきたオリンパス(7733)に打診買いを入れました。後場は様子見気分が強まる可能性がありますが、引き続き切り返しから高値を窺う中小型株で値幅を狙っていく考えです。




株式情報と相場見通し

10月26日株式セミナーin大阪 大阪メトロ長堀橋駅から徒歩1分

Pocket