切り返す銘柄を狙う【正直じいさんの株で大判小判】

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞
目次

反発も上値重い

 23日午前の東京市場は反発、日経平均は42円高です。前週末の米国株市場でNYダウなど主要株指数が揃って最高値を更新したことを受け、買いが優勢でした。もっとも、海外投資のクリスマス休暇入りで市場参加者は少なく、高寄りの後は上げ幅を縮める上値の重い展開で、前場段階の東証1部売買代金は概算で7222億円に細っています。

IPOは活況続く

 主力銘柄は開店休業状態ながら、IPOはセカンダリーを含めて活況が続いており、年内は今年のIPO銘柄を中心に中小型株の短期売買で回していきたい考えです。推奨銘柄では東洋合(4970)、ダイコー通(7673)の利益を確定するとともに、痛い損失になりましたが、下方修正の247(7074)の損失を確定せざるを得なくなりました。ただ、追撃買いを入れた手間いらず(2477)や英和(9857)はしっかりで、後場は一呼吸入れて切り返してくる銘柄を狙っていきたいと思います。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

Pocket

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる