好業績株をじっくり仕込む【正直じいさんの株で大判小判】

目次

中国株安と円強含みで反落

 21日の東京市場は大幅に反落しました。日経平均は218円安です。前日の米国株市場が休場で手掛かり材料難のなか、新型肺炎の感染拡大への懸念で上海株や香港株が売られ、109円90銭台と円が強含んでいることが重しになり、輸出株を中心に売りが優勢でした。前場ははやや下げ渋る場面がありましたが、後場は安値圏でのもみ合いとなり、2万4000円を割り込んでいます。

値上り値下がりが拮抗

 ただ、先物主導の展開で、中小型には高い銘柄が多く、東証1部の騰落銘柄数は前引けよりも減ったものの、値上がり1002と値下がりの1026と拮抗しており、新型肺炎感染拡大できょうも感染対策や建設関連などの材料株が賑わいました。ただ、23日の日本電産から3月期3Q決算発表が本格的に始まりますので、日程を睨みながら好業績株をじっくり仕込みたい考えです

エムアップに打診買い

 推奨銘柄では前場にカナミックN(3939)、スマレジ(4431)、英和(9857)に追撃買い、後場からはエムアップ(3661)に打診買いを入れました。2月期3Qでは好決算でも期待に届かなかった場合や出尽くし感から急落する銘柄が相次ぎましたので、上値を追いかけることなく、あくまで下値を拾う方針です。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる