正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

方向感なく狭いレンジでもみ合う

 13日午前の東京市場小幅続伸、日経平均は14円高です。中国・湖北省が新型肺炎感染者が大幅に増加したと発表したことで、感染拡大を警戒した売りに押される場面はありましたが、下値を売り込む動きはなく、前日終値を挟み狭いレンジでもみ合いました。オプションSQを控え方向感に乏しく、TOPIXはマイナスで引けており、東証1部の騰落銘柄数は値下がりが1152と値上りを上回っています。

JTOWERに打診買い

 日経平均は5日線にサポートされたかたちで底堅く推移しており、決算を手掛かりにした物色が続いていますが、好決算でも当面の出尽くし感から売られる銘柄が散見され、手を出しにくい状況です。前場はJMDC(4483)の追撃買い、JTOWER(4485)への打診買いにとどめました。引き続き決算にらみで銘柄を選別していく方針ですが、より慎重に対処する必要がありそうです。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪

Pocket