正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

感染拡大警戒した売りに押される

 13日の東京市場は反落しました。日経平均は33円安です。中国・湖北省が新型肺炎感染者が大幅に増加したと発表したことで、感染拡大を警戒した売りに押されました。前場は前日終値を挟み狭いレンジでもみ合い小幅ながらプラスで引けていましたが、上海株が軟調で円がやや強含んだことから、後場はマイナス圏に沈みました。

日経平均は5日線がサポート

 ただ、下値を売り込む動きはなく、日経平均は5日線にサポートされたかたちで底堅く推移しており、決算を手掛かりにした物色は続いています。好決算でも当面の出尽くし感やコンセンサスに届かなかったして売られる銘柄も散見されますが、あすも好決算銘柄を選別物色していくことになるでしょう。

JTOWERに打診買い

 推奨銘柄では太陽誘電(6976)やカプコン(9697)、前場に買いを入れたJMDC(4483)、JTOWER(4485)が堅調に推移しました。後場はスマレジ(4431)とアンビス(7071)追撃買いを入れています。引き続き決算にらみで銘柄を選別していく方針ですが、発表後の株価の反応を確認しながら、より慎重に対処する考えです。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪

Pocket