底堅さ意識も依然神経質【正直じいさんの株で大判小判】

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞
目次

反発も上値重い

 23日午前の東京市場は3日ぶりに反発、日経平均は80円高です。配当再投資や日銀のETFへの期待から買い先行で始まり、朝方に280円超まで上昇しましたが、戻り待ちの売りに押され、一時下げに転じるなど、上値の重い展開でした。円安進行は支えになっていますが、時間外の米株指数先物の急落が重荷になっています。東証1部の騰落銘柄数は値下がりが1230と値上りを大きく上回り、TOPIXはマイナスで引けています。

メドレーへの買にとどめる

 日経平均は米株指数先物に連動する状況が続いており、底堅さは意識されるものの、依然として海外市場にらみの神経質な展開です。底離れを鮮明にしてきた銘柄や新型コロナウイルスに関連する強い動きの材料株へ買いのタイミングを計ってみたいと考えていますが、前場は成長株で強いトレンドを継続するメドレー(4480)への買にとどめました。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる